MAZDA CX-5に乗り始めて1年半経ちます。

今回は、後付したドライブレコーダーについてです。

ドライブレコーダーもピンきりですが、半年ほど前純正のドライブレコーダー(エクリプス DREC200)を付けました。

純正品ということで、少々お高いですが、信頼性と、取り付けが面倒くさいのもありディーラーにて付けてもらいました。

助手席側で取り付け位置が決まってるということで、その辺は仕方ないと思いましたが、隣に乗る嫁もあまり気にならないということで良しとしました。

このナビの良いところは、専用のナビソフトが付属のMicroSDに搭載されていることで、パソコン(Windows系)で撮影した動画を簡単に視聴することができることです。

このナビ及びソフトの優れている点は、GPS情報と車速、それに前方後方横方向のGも検知してソフト上に表示してくれることです。

さらに、GPS情報を記録しているので、GPS情報をもとにGoogle Earthの地図上にドライブ情報を展開し、どこをどの様に走ったのが立体マップを見て楽しむことができます。

撮影動画と、Google Earth上のマップを見てください。

Google Earthのマップはソフトのアニメーションを動画キャプチャで作成したものです。

動画は、箱根芦ノ湖の「桃源台」ロープウエイ、遊覧船乗り場の駐車場から、芦ノ湖スカイラインを三島方面に向かう道になります。

走行中の移動ラインがふらついているのは、GPSの受信位置のためです。酔っぱらい運転をしているわけではありません。

ドライブレコーダーの映像
Google Earth の軌道