先日、愛車CX-5の半年点検に行きまして、新型CX-5を見てきました。
結構売れてるとのことで、新旧の比較して紹介します。

なお、比較するのはどちらもPROACTIVEです。新型はオプションでのシートヒーターや運転席パワーシート、リアオートゲートなどがついていました。
まずはステアリングについて

旧CX-5ステアリング 新型CX-5ステアリング新型では、ステアリングスイッチが集約されかつ、ボタン自体が小さくなりました。個人的にはステアリングのボタンは多少大きめのほうが操作しやすい気がします。
また、本皮については、旧型が光沢のあるツルツルした材質だったのに対し、新型はつや消し感というかマット感になり部分的に細くなりました。手がデカイ私としては太いグリップの方が好みなので少々残念な気がします。
ステアリング下部のV字ラインについては、旧型は空いてますが、新型は閉じてます。ステアリングヒーター付きは穴が空いてないらしいです。

次にサイドパネルについて
旧CX-5サイドパネル 新型CX-5サイドパネル旧型は斜めのラインでしたが、新型は水平ラインとなっています。
パネルの質感は大幅にアップしていて新型の勝ちですが、残念なのは旧型でパワーウィンドウやサイドミラーの調節ダイヤル等のメッキ加飾が新型ではなくなってしまったことです。せっかくパネル自体の質感が大幅にアップしているので加飾を削った分野暮ったくなってしまってます。

続いてセンターパネルです。
旧CX-5センターパネル 新型CX-5センターパネル上からの画像なのでわかりづらいですが、センターパネル自体が旧型と比べ60ミリ高くなっています。シフトノブの前の物置スペースも新型は大きく凹んでいて深さもあり財布やサングラスを置く私としては好印象でした。幅も広がり質感もアップしています。

ドリンクホルダーですが、
旧CX-5カップホルダー 新型CX-5カップホルダー旧型は立て並びだったのが、新型では横並びになりました。個人的には横並びがいいですが、旧型の縦並びのカップホルダー横の延長したアームレストが大変お気に入りなので悩ましいところです。
ちなみに私の旧型CX-5は社外のシートカバーを付けているので、付属のアームレストカバーも付けています。

点検を待っている間、XD PROACTIVEを試乗することができました。

素人なりの感想ですが、
もともと静粛性には定評のあったディーゼルエンジンですが、新型は圧倒的に静かになりました。社内への遮音効果が聞いていて驚くほど静かです。また、旧型ではアクセルを踏んだ直後の出足の悪さというか、もっさり感がなくなり、発進直後の感じが非常によくなりました。
また、ヘッドアップディスプレイも予想以上に見やすく違和感なくすぐに馴染めると思いました。
あたり前ですが、さすが新型ですね。今のCX-5をどのくらい乗り続けるかわかりませんが、次もおそらくCX-5になりそうです。